もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

自分を許せないのかもしれない

最悪な夢で目が覚めた

実は事故の相手は俺だったと警察に言われ

逮捕される瞬間の場面


自分でまーさんを死に追いやってしまっていた


それを子供達に責められて泣きながら

俺じゃないと必死に言っている夢だった


どうしちゃったんだろうな…

俺が こうしてれば あーしてれば

あの日にこう言ってれば

俺に出逢ってなければ…

何度もそこまで考えた 何度も後悔し自分を責めた


本当に俺のせいで

まーさんは死んでしまったのか


だからこんな夢を見てしまったのだろうか


夢の中の子供達の軽蔑 憎しみ 怒りの目が 頭から消えない…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。