もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

ままならない心

久しぶりに書くように思ったのだが 1週間も空いていなかった
数日前に事務所のPCが不調になり翌日には起動すらしなくなり 仕方なく買い替えた。


スマホでも更新できるのだが初老?の俺には文字が小さくやる気になれなかった(笑


PCに保存していたまーさんの写真がすべて消えてしまうかもしれないというショックに少し凹んでいる 自宅に壊れたPCを持ち帰り時間のあるときに修理してみよう


今日は天気もよく お墓参りにはいい日和だった 
子供達と一緒に行き 色々と話をしてきた 珍しく息子も話しかけていた
「ママ もうすぐ高校卒業やで 自動車学校ももうすぐ終わるで」
恥ずかしいのか 本当に小声で言っていた 他は聞き取れないくらい位の小声で何か話していた


子供の成長を少し見れた瞬間だったと後から思った 
母親にきちんと感謝している事もうれしかった
不本意な形でいなくなってしまったけど それを受け入れ乗り越えようとしているように見えた


そしてまた何もしてやれてない俺が情けなく腹立たしくて 少し辛くなる
やっぱり俺はまだ悲しくて 寂しくて 辛くて 立ち止まっているのかもしれない
子供達に まーさんに 恥ずかしくない生き方をしないとって思ってるのに実際は あの日から離れていくことを認めることができない俺がいて 


こうしていこう あぁしてみよう 出来ることをやりながら少しでも前にと思うのに 全然進んでいく気がしない


子供達に負けんように頑張らんとな じゃないとそのうちみんな自立して
一人になってまうな 



まーさん 今日はいい天気やったね 
息子の声は聞こえてたか?
少し大人びてきたのかな? 
ちゃんとそっちから子供達を見守ってくれよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。