もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

大雨の日は

先日の大雨 梅雨時期なのだから雨は降って当たり前なのだろう


でも大雨の日はとても落ち込む自分に気が付いた
夜中から降り出した雨 明け方に雨の音で目が覚めた
カーテンを開けて外の様子を伺う 同時に溜め息が落ちる


そう あの日も台風の影響で大雨だった
ふと思い出し 心が掻き乱され 落ちていくのがわかる


一瞬で思考があの日に飛ぶ様な感覚...わかるだろうか?
うまく言葉に言い表せないのがもどかしい


胸に空いた穴 そこを塞ぐ瘡蓋が剥がれ落ちていく様な感覚
深い闇の中に落ちていく様な感覚
何かも放り出して消えてしまいたくなる様な感覚


少し落ち着いていた心 拾い集め繋ぎ合わせた心の欠片がまた千切られていく


何度も経験したはずなのに慣れる事は無い
なんで?なんで?なんで?
そんな思いばかりが出てきてコントロール出来なくて心が押し潰されていく


最後の顔が脳裏に浮かび 喪失感 虚無感 激しい怒りの感情に呑み込まれていく


なにもやる気になれない 
今日は早くまーさんの待つ家に帰ろう...


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。