もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

ペンダント

数日前にペンダントが届いた
家族3人分それぞれ好きなデザインのものを選んでいた
どれが1番たくさんの遺骨を入れれるのか 喜平Wタイプのチェーンに通せるサイズにバチカンを加工してもらったり
なんやかんやでかなり納期が遅れたのだけど 彼岸には間に合った


お墓を建てる時に遺骨を取り出すのでその時に
小さな骨壷(5cm位)に目一杯入れて持って帰っていた
ペンダントが届いたその日に子供達と一緒にそれぞれ自分で入れたいだけ入れた 意外と入る量は少ないのでちょっと物足りなさを感じたかな?(笑

ちょっとバチカンが気に入らないのでくさび形で加工してくれる所を物色している。


真っ白い遺骨 元々小瓶に取っていたのは 
納棺前に最後にキスをしたおでこの部分 火葬後に真っ先にその部分を小瓶に入れていた


遺骨アクセを作る事を義両親に反対され四十九日の時に一度は納骨したんだけど
俺はどうしても諦める事が出来なくて 
夢でお墓を掘り返そうとしていたり 夢うつつに まーさんの声を聞いたり
悩みに悩んで 子供達にも相談して やっぱり作ろうって決まった

以前掛けていた指輪は可愛いケースを探して遺影と一緒に飾ろうかなと思っている
2つの指輪を1つに と考えたが まーさんの薬指にはまっていた物と思うと加工できなくて そのまま置いておく事にした



まーさん 初の彼岸ってやつだったね
お墓のゆりの花も綺麗に咲いてたね 
お前の大好きな春になったで そっちもあったかくなったか?
ペンダント一晩だけ仏壇に置いたよ ちゃんと見てくれたか?
俺は毎日身に着けてるからよ! 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。