もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

一周忌法要

滞りなく法事は終わった なんだろうこの不思議な感じ
身内だけで済ませたのでそれほどバタつくことも無かったのだけど
すごい疲労感、脱力感を感じている。


乱れていた心は少し落ち着きつつある
まーさんの居なくなって半年位の頃に一周忌まではきちんと悲しんであげよう、その後は少し自分達の事を考えて前を向けるといいな
なんて考えていた。


そして後2日でちょうど1年 確かに少しは元気になったかな
子供達もそれぞれ頑張っている 俺自身も色々な経験をしながらギリギリ壊れる事なく自分を保っている。


やっぱり毎日寂しいし辛いし悲しいし 思い出さない夜はないけど
それでいいよね
ずっと一緒だよって約束だもんな 
この寂しさ辛さ悲しさは まーさんが俺と一緒に居た証だと思うから



まーさん 本当にもう1年経っちゃうよ
朝晩は涼しくなってきたね そっちで風邪なんか引くなよ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。