もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

性根抜き

朝の9時から和尚さんにお墓で 性根抜き というのをしてもらった
塩 米 酒を備えお経を詠んでもらうだけなのだが


なんだろう 涙が溢れてきた 
なんで俺はこんなに早く伴侶を亡くし
こんなに早く仏壇を購入し
こんなに早くお墓を作らないといけないのか


普通に生きていれば数十年先のはずの事ばかり 
まーさんは普通に生きることさえ許されなかったのか


波乱万丈な人生 もうお腹いっぱいですよ もう器一杯ですよ
神か仏か悪魔か知らんが いいかげんにしてくれ 普通に生きることさえ許さないのなら とっとと俺も連れていきやがれ


こんな気分のままお墓の建設に立ち会いたくなかったので 言ってもしょうがない事だけど ちょっとだけぶちまけてみた


午後から施主としての立会い 今の墓標にも思い入れみたいな気持ちもある
泣かずに終われるように頑張ろう。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。