もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

娘も一歩

娘がインフルエザにかかって6日目 熱はすっかり下がっていつも通り 
兄貴とじゃれあう娘に戻ってほっとしている
今回は俺も感染するかも? と人生初のインフルにドキドキしていたのだが感染はしていなかったようだ。


インフルがきっかけで娘が俺にうつしたらあかんからと2階の自室で寝るようになった 3人で寝ていた和室 息子は四十九日明けから自室で寝ている
娘は何か物音がするから怖いと言っていたのだが 今は全然大丈夫と言っている。


ちょっと娘も前進してくれたのかな?
そうだといいけど 妙な所が俺に似た性格だからちょっと心配だ 
多分残された家族の中で俺が一番いつまでも泣いているんだろうな
子供達に心配させないようにしないとな


明日は5回目の月命日 今回はひどく落ちる事も無く普通に過ごしているな
今年は 初盆 一周忌とする事がまだある 
その時にまたガクンと落ちるのかもしれない


最近は普通に過ごせることを 21年間一緒に居てくれた事を
まーさんに感謝するように心掛けている
朝晩の挨拶 御仏飯 その時々に思うことを口に出して話しかけて
これからもずっと一緒やでと伝えるようにしてる
以前ならそんな言葉を思うだけでこみあげてきて口に出せなかった
まーさんに伝わっているかどうかは知る由も無いが きっと通じてると思い続けて行こうと思う。



まーさん明日は皆で御墓参り行くからよ
似合いそうな花探してくるよ そんでもって3月7日は御墓の建設やで
俺が勝手に決めた御墓やけど気に入ってくれるといいなぁ
和墓ばっかりの中にピンクの洋墓やからきっと目立つで~


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。