もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

無題

たった今検察庁の呼び出しに行ってきました。
警察の遺族調書から6ヶ月
事故の日から1年と2ヶ月弱もかかっていた。


危険運転致死にはならず
予想通り相手の罪状は過失運転致死 精々執行猶予だろう 


1人の命を無惨に奪い 本当に幸せだった俺たち家族をこんなに壊したのに


やりきれないな.....


この2週間ほどボロボロなのに更に追い討ちをかけられたような気持ちと
これでやっとまた一つ終わったという安堵感?のような感覚の狭間にいるような不思議な感じ


色々と聞かれた 当時の心境と現在との違いはあるのか
経済的にどのように変わってしまったのか
子供達の生活環境や精神状態はどうなのか
俺自身の心境や精神状態
今の生活状況
事故の相手からの接触や補償問題の進捗
相手に対する家族の気持ち


きつすぎるよ....


今の生活....
生きてるよ そうするしかないし
でもね..なんの生き甲斐もないよ ただ生きるために必要な事をしてるだけ


補償や示談の話しをされてもね...
お金なんかどうでもいい
元に戻して欲しいと願うのは無茶なんだろうか
叶わない事くらいわかっている
それくらいあの頃が幸せだった事を再認識してしまって


涙が止まらない.....







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。