もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

もうすぐ....

なんとなく過ぎていく日常も慣れてきたのだろうか
まーさんが居なくなって1年を超え少しは平穏に過ごしている


娘も息子もまーさんの話をする事は減ってきた
以前は「こんな時ママだったらこうやでな~」とかよくあったのだけどなぁ


俺からはまーさんの事は言わないようにしていたから子供達もいわなくなったのかも、それか立ち直って前を向いて歩き出したのか


今は確かめれないな、普通に元気にしているからね
聞く事で思い出させるのもね....


ただ、もうすぐまーさんの誕生日が来るから今年は何をするか相談はしないとな。


居なくなってから2回目の誕生日
去年のケーキの写真を見て涙がでた


ある人の言葉に
死んでしまった人の年齢は止まると言うけど
あなたがその人のために祝ってあげるなら
その人はあなたの中で一緒に歳を重ねて行けるかもしれないね。


実感は沸かないけどもそういう気持ちで今年も子供と一緒に祝ってあげようかと思う。


まーさん!元気にしてっか?2回目の誕生日が来るぞぉ~
今年は何が欲しいんだろうな。
去年は死んじゃう前に聞いていたから良かったけど今年はどうしようかなぁ
俺の選んだ物で文句言うなよ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。