もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

一人ぼっちのお墓参り

今日 特別な日でもないのだけど なんとなくお墓へ行ってみようと思い 
娘と息子をさそったのだが 息子は自動車学校でキャンセル待ちするから無理と言われ 
娘は昨夜お腹が痛くて何度も起きたから眠いから無理と 断られ
寂しくパパは一人で行くことにした


お花もお供えも用意していないし ただ掃除してお花の水を変えて
お線香あげただけ
 

誰も居なかったから ゆっくりと30分位 色々話しをしたかな?


先日見た 怖い夢の話 車に興味も示さなかった息子が車のことを俺に聞きにくる事 少し元気の無い娘の事 
頑張ることを諦めて 今は生きてく事だけを考えると決めた事


毎夜 飲みながら話すのとは少し違うんだね
自分の気の持ち様なんだろうけど 1人で来てよかったのかもしれない


重い気持ちがずーっと続いていたのだけど 今日は少し心が軽いような気がしてる


うん これでいいんだ 無理に頑張ったり 強くなったりしなくていいんだ 自分で思ってた程 俺は強くなかったんだから
今 無理して俺が壊れてしまう様な事を しなくていいんだ


以前も書いたけど


生きてれば 子供たちと逢える
死ねば まーさんに逢える


今の俺にはこれが精一杯なんだな きっと....

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。