もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

いつか乗り越えるために

昨日 税務署に行ってきた 社員の 社員じゃないなもう 元社員達の源泉徴収してる分の納税と準確定申告?とかいうのを済ませてきた
1月1日~10月31日までの分を申告するらしいんだけど
去年までは税理士に頼んでいたもんだから さっぱりわからん


職員に言われるがまま記入項目を埋めていくうちに いくつかの箇所に 廃業理由とか最終営業日とか記入しなくてはいけない


人生最悪の事故の日付 10月5日 廃業理由に 死亡...
一緒に祝うことの出来なかった 10月31日の誕生日が廃業日...
書き込む度に落ちていく気持ち 辛くて悲しくて込み上げてくる
マジで?なにこれ?やばい?


人前では泣く事なんて出来ないから 我慢できずに トイレに駆け込み 泣こうとしたが ポロっとしただけでそれ以上は涙は出なかった
その後 淡々と記入していき 結局10時~15時前までかかり
やっと終わった 職員の方も本当によくしてくれた
昼飯も食べずに付き合ってくれて 感謝です


結果 まぁ見事な大赤字(笑


去年 高速道路の開通で交通量が半減したし 3店舗目なんて今年の2月にオープンしたばかりで投資費用ばかりでこれから回収って時期だったもんなぁ


まぁ予定納税してたおかげで還付金とかいうのが すごい金額にはなってたけどな(笑


色々な事後処理が終わっていく 寂しくて悲しいけど これも
いつか前を向いて生きていくための準備なのだろう


先日の記事で 沢山の方に 励まし 共感 のコメントを頂いた
本当にありがとうございます
情けなくて 記事にしようか迷ったけど 書いて良かった 


大切な人を失うということが ここまで人を弱くさせるとは想像もできなかった 
俺が生きている間は 耐え難い喪失感に苦しめられるのだろう


無理に強くならなくていい という言葉も頂いた


なんか嬉しかった 強くなろうと無理しすぎていたような気はしてたから


出来ないことばかりしようせず 今出来ることをやりながら  
今は日々を上手くやり過ごし 乗り切ることにしようと思う


いつかその先にほんの少しでも光が見えるかもしれない


さて 昼飯でも食って仕事しよ


ほな また夜にな まーさん 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。