もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

笑顔で流した涙

カレンダーが12月になった どんどんあの日から離れていく
当たり前の事だけど やっぱ寂しい もうすぐ2回目の月命日


気分も落ちていってるのが自分でもわかる これが命日反応ってやつなんだろうか 
カレンダーをめくり新しい月を見る度に 5日という日に赤い〇をすることにした


毎夜 テーブルに座り まーさんの写真にその日の出来事や想い出を話しかけながら酒を飲むのが日課になりつつある


テーブルの写真も2枚に増えた 1枚は遺影と同じ写真 もう1枚は 数年前 俺は仕事で行く事が出来なかったけど 
ハワイに行ってイルカにキスしてもらってる写真 


数日前に寝室に入り クローゼットを少しだけ整理しようと思い開けてみたら 沢山の写真や日記が置いてあった


俺たちが出会った頃の写真 結婚式の写真 新婚旅行 
生まれたばかりの息子 成長していく姿 長女誕生 兄弟の成長


その中の1枚 かわいい笑顔 そのまま片付けることができなくて
フレームを買いに行き テーブルに並べて置くことにした
「そのうち写真だらけになるんちゃうか」 と息子に言われて
苦笑い....


結局 片付けなんてほとんど出来ずに想い出に浸ってただけだったニコニコしながら涙を流したのは初めてかもしれない


悲しくなりそうで 入れなかった寝室 入ってみて良かった
いっぱい まーさんの笑顔を見ることが出来た そのうちゆっくり 写真を整理しながらもう1度 想い出に浸ってみようと思う



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。