もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

そうか 父子家庭なんだ・・・

昨日 娘と友達を迎えに行った帰り道 友達は眠ってしまい
娘と二人で色々話した というか質問攻めにあったと言う方が正解かな?


まーさんとの 出逢った場所は? どっちから好きになったの?
どっちから告白したの? どんな感じでいつも会ってたの?
ママはどんなだった? 喧嘩はよくしたの? どうやって仲直りしたの? どうして結婚しようと思ったの?
どっちからプロポーズしたの? 初めてキスしたのは?
パパはなんでママを選んだん? 他にもいっぱい


答えていたけど 少しこみ上げて来るものがあって言葉に詰まる
「ちょっと今はまだ思い出すのきっついわ
またそのうち話すさかい」


娘「ユニバで遊んでて パパとママもこういう所で遊んだんかなぁって 思ったら 昔の話聞いたことないなぁって思ってん」


「遊園地とか映画とか海も川も行ったで 2人とエル(昔飼ってたゴールデンレトリーバー)も連れてキャンプとかも行ったで」


娘「ふぅ~ん」


おいおい 思い出させといて「ふぅ~ん」って


娘「ほんまにもう ママおらんねんなぁ・・・ 
ママ幸せやったんかなぁ」 


「どやねんろうな 仕事はしんどかったみたいやけど お前らの顔みたら いっつもニコニコしてたやん 2人でデートした時は 仕事の愚痴やなく お前らの事ばっかり話してたで」


ちょっと嬉しそうにしてた


娘「こういうの父子家庭って言うんよな?」


「そういやそやな まさか自分らがそうなると思ってなかったな」


娘「・・うん・・・


そのうち友達の家に着いて 話しは終わった


その後自宅に帰り兄貴とユニバの話しで盛り上がってたみたいだけど
俺はなんか また寂しくなって まーさんの前に座って
「まーさん お前幸せやったんか?」
子供に聞こえないように話しかけた


いつも通り 笑顔の写真がこっちを見てるだけ・・・


また逢いたくなった・・・ 






 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。