もう1度あの笑顔に逢いたい

最愛の妻の死、受け入れ難い現実にこれから向い合って行くための日記

約束されていない明日

また今日が始まった 昨日が終わり今日が来る そしてまた今日が終わる
当たり前の事 
だけど明日って言葉は入らない


昨日は過去 今日は現在 明日は未来
明日って言葉は目の前の未来を指す言葉なんだ
約束されたものじゃないんだな


当たり前のように明日があると思ってた
未来永劫続くものじゃないことはわかってても 明日が来ないことを考えて日常を過ごす人は少ないだろう


でも まーさんは突然その明日を奪われた ただ普通に違反もせず車で走ってただけなのに 


純粋に悲しかった時間は過ぎていき 怒りと悔しさに支配されていくような感覚


事故の相手はかすり傷 きっと明日も生きていく


悔しい.....


同じ思いを味遭わせてやりたい 
だめな事はわかっている
まーさんは優しい奴だからきっと怒られる
子供達もそんなことは望んでいない
けど
怒り 悔しさ 憎しみに支配されつつある今の状態 抑え切れる自信が無い


もうすぐ四十九日か それが終われば相手や保険屋との話し合いも始まるだろう そういう現実にも立ち向かうんだな


ここまで人を怒り憎んだことはない
相対する日を想像するだけで血が沸騰する


どうすればいいんだろう.....





















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。